貸切バスのラッピング効果と利点

今や走る看板とも言われる貸切バスラッピングは、通常の路線バスと違い運行するルートは自由に決められますし、車両は人々の注目を集める効果が大きく、イベントや企業のPRなど広告効果は抜群であると言えます。

2020年の東京オリンピックに向けての案内などや送迎にも向けて需要が高まっています。又、幼稚園などの送迎バスとしても可愛い動物などが描かれたバスで子供達の人気を集めたりするのにも利用できますし、公用車や各種団体の車両としても目をひくデザインで飾られていれば知名度のアップにも貢献すると思われます。貸切バスのラッピングはただ単に会社のPRや新商品のイベントだけのものではなく、海外から視察に訪れる人たちの送迎としても利用価値があります。

旅行などでも利用した場合には、サービスエリアで停車したときに多くのバスが並んでいる中で、迷うことが少なくなりバスが見つけられやすい利点もあります。今までは、塗装は直接塗るので手間がかかり使用後には落さなければならないのでコストも高くかかっていましたが、フィルムで貼るだけなので、色々なデザインを楽しめますし長期間の耐久性はないもののその分コストもリーズナブルに抑えられるので、色々な用途で気軽に利用できるが一番の利点であると言えます。走る広告塔としては、今はラッピングカーは主流で貸切バスのように大きな面積をラッピングできるのは宣伝効果も大きさに比例してとても高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *