ラッピングで目を引くイベント車両

日本各地で様々なイベントが開かれています。

企業の社会貢献であったりPRであったり、地域が率先して開催する催しなど形態は違えど多くの人が訪れ賑わうために宣伝効果は大きいです。そうしたイベントにPR用のイベント車両を持ち込み注目を集める企業も増えています。自動車そのものの存在感に、ユーザーの感性をさらにプラスしたイベント車両には独特の魅力があり人を惹きつけるでしょう。

こうしたイベント車両は非常に細かいイラストや装飾が施されていますが、通常の塗装では難しかったりコストが嵩むこうした装飾もカーラッピングを活用することで気軽に安価で行う事ができ、普段は何気ない一台の乗用車を容易にオンリーワンの魅力を持った広告塔に仕立て上げる事が可能です。法人に限らず個人でも手を出しやすく、個人所有の車にアニメやゲームに登場するキャラクターのイラストを自ら編集し業者へ持ち込みラッピングを施すユーザーも増えており「痛車」として脚光を浴びるようになりました。

そして現在では「痛車」によるイベントも開催されるようになり、ユーザー同士が切磋琢磨しながら自らの感性のもと個性的な一台をイベントに持ち込む事で日本のサブカルチャー人気の一端を担っています。最近では企業でも積極的にキャラクターをあしらったラッピングを施してポップに仕上げたイベント車両をつくり、社風をアピールする例も増えていて、積極的に宣伝に活用しているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *