まずは洗浄!トラックにラッピングする時

トラックなどにカーラッピング用のシートで会社のロゴをプリントしている車両を街中でもよく見かけます。

このように配達用の車両にカーラッピングを施すことで、企業の宣伝効果などが得られるといったメリットがあります。カーラッピングを行うという時にはあらかじめデザインをプリントした特殊シートを車両に張り付けていきます。しかし、その前に洗浄を行っておくことで、シートを車体によりよく貼り付けることができます。トラックにラッピングシートを貼りつけるという場合には、貼り付け前にトラックを綺麗に洗浄します。

車体にゴミなどが付着しているとシートがきれいに貼りつけられないのです。また、ボディを傷つけるリスクも高くなってしまうのです。その後、単色シートやシンプルなデザインのものなら、洗浄後は十分に車体を乾燥をさせてから、施工したい場所にシートをスキージというツールで貼っていきます。中心から端にシワを伸ばしながら施工をしていくのです。

そして、ロゴや画像など、角度や位置を選ぶものについては洗浄後に中性洗剤などを溶かした水を用意し、車両とシートの接着面にしっかりと吹きかけて、きれいに貼りつけていきます。この時スキージで先程の水を少しずつ中心から外側に向かって抜いていくようにして接着します。曲面がある車体にシートを貼るという場合、どうしても貼りにくいところはでてきます。その場合、ヒートガンを用いてゆっくりと温めながら引っ張ったりしながら貼りつけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *