ラッピングトラックを活用する

そもそもトラックは荷物を積むことを目的に設計されているので、その機能性を発揮するために箱型の仕様になっており平面部分を多く有している特徴を持っています。

その平面を効果的に活用して広告宣伝を行なう趣旨する試みがラッピングトラックになります。ラッピングは従来から広告を印刷した特殊なフィルムを外装に貼り付ける仕様になっており、外観を変化させることが出来ると言っても、いつでも元に戻すことができます。このような脱着可能な特性を活かして、特定の期間えお区切って集中的に商品広告を行ないたいニーズや、ロゴやデザインを時代の趨勢の変化にあわせてアップデートしたいなどの企業PR目的で実践されることが多くなっています。

特に大型トラックになるとかなり広い表面積を確保することが出来ます。その部分にラッピングを施すことで大型パネルの広告看板を設置するのと同等のアピール力を持つことになります。しかも常時移動することが出来るので、移動広告としてのメリットも活かせることが出来ます。海外では広く普及していますが、日本国内ではまだまだラッピングトラックは使用されていません。

その点を逆手にとれば路上を走るトラックにラッピングを施せば注目を集めることがかないます。通り過ぎてしまえば、人目にとりませんが信号待ちのときなどには、待ち行く人々やほかのドライバーの注目を浴びることもあります。一度張ってしまえばその後のコストがほとんどかからないのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *