ラッピングを利用してトラックに広告を施す利点

トラックとは貨物自動車の別名で、貨物を輸送する目的の大型車両です。

使用用途を始め、大きさ・重さ・積載量などのサイズ、架装などにより種別が行われます。一般的には2トン車両や4トン車両などの大きな車体の車をトラックと呼んでいます。運転席の後方に荷物を積み込むためのコンテナが付いているのが特徴で、このコンテナは面積が広いため、広告を記す場所としても最適です。また、会社のロゴマークやブランド名などをデザインしておけば多くの人々の目に入るため企業アピールにも繋がりますし、新しく開発した商品の宣伝および知名度の拡大を図れるメリットもあるわけです。

従来は塗料を使い、1台ずつ施工を行う必要がありました。塗料を使う場合には1台ずつの施工になると同時に手作業で行われるためデザインの違いが生じる可能性もゼロではありません。その点、ラッピングを使うとフィルムへの印刷ができるので同じデザインのフィルムの量産ができる、トラックの保有台数が多い場合でもコストが安くなるメリットを持ちます。

ラッピングはフィルム状になっているシートを車体に貼り付けて利用するもので、フィルムを貼る時には空気が中に入らないようにするなど技術を要する作業になります。マイカーなどへのラッピングは自分で行う人も多いかと思われますが、トラックなどのように面積が広い場合には専門業者にお願いした方が完成度が高くなりますし、印刷したラッピングフィルムの無駄が生じません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *