ラッピングは面積が広いトラックにも最適

ラッピングを車に利用するケースが多くなっていますが、従来は自分の愛車をデザインする人が利用しているもので、商用ではあまり利用が行われることはなかったようです。

愛車のデザインにはボディーカラーを変える、イラストや文字を車体に施すなど色々な方法があります。イラストや文字はデザインを作り上げた後にフィルムに印刷を行い、そのフィルムをボディーに貼り付けるだけ済みますので元図さえあれば容易に行えるメリットがあるわけです。トラックなどのように車体が大きな車でも大きなフィルムに広告情報を印刷し、車体への施工を行えば会社のアピールや商品の認知度を高める効果を期待できるようになります。

ラッピングは印刷でできる車のデザインなどからも、トラックへの施工は最適ではないでしょうか。そもそもトラックは毎日のように利用する商用車両、広告デザインの施工を行うために数日間工場に渡してしまえば業務に支障をきたすことになります。ラッピングの場合は1~2日などの短い期間で施工ができることや印刷を行っている関係からも複数のトラックに対して同じ広告を施す際のコストの節減にも繋がります。

ちなみに、塗装を使って広告を記すとなると、数日間を要すると同時に、すべての車両に同じような塗装デザインが必要になるためコストは台数分だけ掛かります。その点、ラッピングは同じデザインを必要数印刷しておけば後はトラックに貼るだけで済むので施工期間の短縮およびコストの削減に期待ができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *