トラックの広大な荷台にラッピング

トラックの荷台を広大なキャンパスに見立てたとしたら、大きな絵を描くことができるでしょう。

その大きな絵は、颯爽と走っていくトラックの姿を見た人の目に飛び込んで、強烈な印象を残すに違いありません。もし、トラックの荷台に新商品の宣伝広告を載せたとしたら、それだけで走る広告としての大きな可能性を秘めていることがわかることでしょう。2000年代に入りラッピング技術が急速に進歩したことによって、トラックや路線バスなどの大きなボディに、様々な広告を載せるケースが増えてきました。

エリアによっては動かない立て看板に広告を掲載するよりも、ラッピングはさらに多くの人の目に入る可能性があり、需要が徐々に増えてきているのです。一口にカーラッピングと言っても、ボディ全体を覆うこともあれば、部分的に貼り付けることもあります。部分的に貼り付ける場合は、カーマーキングと言うこともありますが、元々の素材や製作工程は同じです。

よく練られた効果的なデザインを考案し、丁寧にボディに貼り付けていくと、そのラッピングによるデザインそのものが車の一部となって、違和感なく一体化していきます。そのためよく事情を知らない人が見れば、初めから車のボディに印刷されているようにさえ見えることでしょう。後は、どのコースを走るかも重要なポイントです。人通りのないところを走行しても宣伝効果は期待できないからです。そしてゆっくりと走ることも大切ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *