トラックへのラッピングはとても目立つので効果が大

みなさんはラッピングと言う言葉をご存知でしょうか。

これは直訳すると「包み」という意味になります。これは、広告宣伝に使われるもので、例えば、大きなものでは飛行機やフェリー、それに電車などのボディーに施されています。塩化ビニール製の極薄いフィルム状になっていて、裏には粘着性のものが塗布されて物に貼り付けられるようになっています。そして表の面には、大型のプリンターなどを使って印刷を施すことが出来ます。

ですので、企業のロゴやキャラクターなどがあれば、その図柄やキャッチコピーなどを印刷して、先程の乗り物などのボディーに貼り付ければ宣伝になります。ところで、車にも同じようにラッピングが出来るようになっていて、乗用車やバスなどにも施されています。街中で大きなデザインを施した観光バスを見かけたことがあるかもしれません。そのような車体の場合、乗用車よりも車高が高くなるので、下の部分は見えなくても、上の部分は見えます。それにとても大きな図柄だと街中ではとても目立つので、歩行者や他のドライバーからの視線を浴びるはずです。

さて、大きい車体と言えばトラックもあります。トラックと言えば、その荷台にはバスのように窓はありませんし、とてもラッピングがし易いです。それに後ろ側にも施すことが出来ます。運送のためのトラックに施してもいいですが、イベント用の機材を運ぶためのトラックにラッピングを施すのもいいかもしれません。というのはイベントの宣伝にもなるからです。とても目立つ存在ですから宣伝効果が高くなると思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *