自動車の未来素材電磁メタマテリアル

自動車業界では、カーナビの普及に合わせてバックモニターを装備している車両が一般化しているが、DARPAがアシンメトリックマテリアルとして軍事兵器会社に開発させたメタマテリアルと呼ばれる新素材の研究開発が進められています。

人間の手で創生された物質の意味を有するメタマテリアルは、光を含む電磁波に対して負の屈折率を有する事から電磁メタマテリアルとも呼ばれています。電磁メタマテリアルは、様々な分野への応用が期待されているが、自動車業界では軍事目的で開発された姿の隠ぺい効果の応用が研究されています。電磁メタマテリアルは、光を含む電磁波を自然界ではあり得ない角度の屈折させる特性を有し、結果として光を含む電磁波が電磁メタマテリアルを迂回する様に進む為に、目の前に存在する遮蔽物を透過する様に見る事が出来ます。

簡単に言えば、天狗の隠れ蓑や透明マントなどのステルス機能を現実にした技術です。日本の自動車メーカーでは、バックする際に電磁メタマテリアルの特性を活かして、後部座席や後部のボディーなど運転席より後部を透過してしまうシステムを開発しています。

このテクノロジーは、大型重機やコンテナ車などの巻き込みや後進時にも有効とされ、電磁メタマテリアルと鳥瞰図やミリ波レーダーを組み合わせる事であらゆる角度から障害物を確認する事が可能となり、より正確なブラインドスボットインフォメーションシステムの開発が可能とされ、注目されています。
配送車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *