自動車のフェード現象とベーパーロック現象

自動車の運転で坂道を走ることもあるでしょう。

ちょっとした坂道なら問題ないのですが、長い坂道だとどうしても速度が出てしまいますよね。そういった時にブレーキを踏んでしまっていませんか。特に山道の下りなどで、坂道が続くような場合です。こういったときにブレーキをかけ続けると非常に危険です。一般的な自動車のブレーキは摩擦を利用したブレーキです。

摩擦を利用するということは摩擦熱が発生するということです。強いブレーキをかけ続ければ摩擦熱により、ブレーキパッドが非常に高熱にさらされます。ブレーキパッドが高熱にさらされると、摩擦材が熱により溶解、ガス化が発生します。すると、摩擦力が低下し、ブレーキが効かなくなってしまいます。これをフェード現象と言います。

また、ブレーキを踏み続けることで発生した熱でブレーキフルードが沸騰してしまうことがあります。ブレーキフルードとは、制動力を伝達する液体のことです。運転手がブレーキペダルを踏むと、その圧力でブレーキフルードがブレーキパッドを動かすという仕組みになっています。そのブレーキフルードが沸騰してしまうと、気泡が発生してしまいます。気泡が発生すると、ブレーキペダルを踏んでも、その圧力は気泡を潰す方に割かれてしまいます。

そうなるとブレーキフルードがブレーキパッドを押し出してくれなくなり、ブレーキが効かなくなってしまいます。これをベーパーロック現象といいます。これらを予防するためにはエンジンブレーキを併用し、ブレーキへの負担を減らしてあげることが必要になります。また、ブレーキフルードは水分を含むと沸点が下がってしまうので、定期的に交換する必要があります。自動車の点検は怠らないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *