安全性の高い自動車の魅力

自動車は日常生活に欠かせないまるで家電のような感覚で、若い人からお年寄りまでたくさんの人たちが運転しています。

しかし、一歩運転を誤ると、命に関わるような事故につながる危険性があるのが自動車ですから、決して家電のような感覚で使うことができるものではありません。このような事故によるリスクを少しでも減らすために、各自動車メーカーでも安全性の高いクルマ作りを行っています。ボディの安全性に関しては、1994年4月より新型車には前面衝突試験が義務付けられたことをきっかけに、衝突安全ボディーの研究開発が急ピッチで進みました。

衝突安全ボディの考え方は、単に頑丈であれば良いのではなく、衝撃を吸収するクラッシャブルゾーンと室内の安全を確保するセーフティゾーンに分けて、クルマは大きな損傷を受けても乗員の命は安全に守るというところにポイントが置かれています。自動車事故の多くはフルラップ衝突ではなく、フロント片側部分がぶつかるオフセット衝突です。したがって、最初はオフセット衝突をしたとき、いかにその衝突エネルギーを吸収することができるかが考えられていきました。

そして、次に後方からの追突や側面からの追突なども加えられ、現在ではどの部分からぶつかったとしてもセーフティゾーンが確保できるような構造になっています。ただ、メーカーや車種によって安全性には差があります。安全性能を知りたい場合は、自動車事故対策機構が行っているクルマの安全性能総合評価を参考にすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *