自動車の駆動方式について

自動車には様々な駆動方式があることはご存知でしょうか。

前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動。しかし、そもそも駆動とは何でしょうか。駆動というのはエンジンの動力によって回るかどうかということです。つまり、後輪駆動の車はアクセルを踏んで回るのは後輪のみということです。前輪は言ってしまえば、ただ付いているだけですね。四輪駆動は全てのタイヤが駆動します。あなたの自動車はどれでしょうか。

知らない方は損をすることがあるかもしれません。例えば、脱輪して後輪が浮いてしまった時。後輪駆動であれば、この状態ではアクセルを踏んでも後輪が空転するだけです。しかし前輪駆動であれば、アクセルを踏んで前輪が回るので復帰することができます。脱輪でなくとも、泥や雪などでぬかるんでいる場所にはまってしまった場合にも言えます。こういった時に四輪駆動であれば前輪も後輪も駆動するため、抜け出しやすいのです。

雪道や悪路に四輪駆動が強いとよく言われるのはこのためです。もちろん何もハマった場合に限りません。雨が降っている場合なども四輪駆動は強いですね。しかし、四輪駆動は4つものタイヤを駆動させなければなりません。そのため、二輪駆動よりも燃費が悪くなってしまうという点があります。

また、四輪駆動の場合、曲がる際に前輪と後輪の回転差が生まれてしまいます。そのためにセンターデフと言われる機構がついていたりと、二輪駆動よりも高価になります。自動車を購入する際は、コスト、燃費、安全性を考えて購入する必要がありますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *