配送車両とカーラッピング

配送車両ラッピングはカーラッピングを配送車に施したもので、あらかじめ特殊シートに印刷したデザインのシートを車両の車体に貼りつけることで、宣伝効果を得られたり、ロゴなどを待ちゆく人々などにアピールすることができ、会社の知名度向上に貢献することができるなどのメリットがあります。

配送車両は配達を行うために街中を走っています。そのような配送車両のラッピングを施すことで企業のブランディング効果を得ることができると言った利点もあります。また、通常の業務活動をしているだけで宣伝になったり、車体を覆うようなラッピングならシートが車体を保護するという役割をもちます。

そのため、汚れを防止したり、傷などからもボディを守るという効果もあります。この様なカーラッピングは汚れたり、破損した時に新しく張り替えるだけで再び車両を新しい状態にすることができ、剥がすのもとても簡単なので、宣伝などの期間が終了すれば剥がして新しいものに張り替えるということができます。配送車両にこうした加工を施すことで様々なメリットが得られます。

スポンサーの広告を張り付けて街中を走ることで広告宣伝費を得られるようになり、売り上げにも貢献することができます。そのため、この方法は昨今注目されており、路線バスなどでも取り入れられています。バスの運賃だけでなく、広告宣伝費もバス会社にとっては重要な収入になっており、一定期間ごとに張り替えが行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *