配送車両のラッピング広告

運送会社など自社のトラックのような配送車両を多く所有している企業が、その車両を広告媒体として他社に貸出しを行うサービスを新しく始めている所が年々増加しています。

配送車両の多くがバンボディや冷蔵車のような広い車体面積を持つ車が多く、広告をラッピング出来る面積も広く車両も多いのが特徴とも言えます。これまでは運送会社の自社の社名や自社製品を車体に塗装して載せているケースが多かったのですが、新しい広告媒体として活用する企業が増えて来ました。そのような企業が増えて来た理由として、ラッピング技術の向上により手軽な値段でボディー全体をラッピングすることが出来るようになったことが挙げられます。

フィルムを貼り付けるだけなので広告の交換も簡単に出来、配送車両のラッピングに掛かる時間も短時間で行えるようになりました。これまでのように塗装に時間が掛からないため、配送車両を稼働させながらフィルムの張り替えも可能になったことが、運送会社が競って参入して来た理由とも言えるでしょう。ラッピング広告を依頼する企業にも、多くのメリットがあります。

配送車両なので定期的に同じコースを配送する場合、その運行コース近隣の住民へ自社製品などをアピールすることが可能です。配送コースが不定期の場合でも、同じように道路沿いの住民やドライバーなどへアピール出来ます。看板広告とは違い動く広告となるので、宣伝効果も看板広告よりも見込めます。そのような理由から広告を依頼する企業も年々増えて来ているのが現状です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *