ラッピングの配送車両で高い宣伝効果を

荷物や貨物の運搬に利用される配送車両は、走行距離も長くてさまざまな場所を移動します。

しかも荷物を積むべく車体ボディのサイズも大きいといった特徴もあるので、そんな配送車両の車体ボディに広告を施せば、大きくて目立つ上に移動もするので不特定多数の人の目に広告が入りやすく、高い宣伝効果を見込むことが可能となります。それゆえに荷物の運搬という本来の目的とともに、広告としての役割を担った派手で鮮やかな絵柄や模様が施された配送車両も珍しくありません。もっともそんな広告を施した配送車両は、かつては現在ほど数が多いわけではありませんでした。

その理由としては、広告を車体ボディに施工するとなると手作業による塗装だったので、どうしても手間も時間もかかってコストも高くなり、実行するにはなかなかハードルが高かったためです。なので昔はあまり見かけない存在でしたが、今では昔と比べて頻繁に見かけるようになってきています。それはラッピングという新たな施工方法が登場したからで、ラッピングとは専用シートにコンピューターで広告の絵柄や模様などを描き、そのシートで車両を包み込む施工方法のことです。

このラッピング施工ならば、塗装ほど時間も手間もかからないのでコストを抑えることも可能です。しかもコンピューターを使うのでカラーのグラデーションや複雑な模様、色合いなども簡単に調節可能ですし、役目を終えた際もシートを剥がすだけで車体ボディを元通りにすることができます。このようにラッピング配送車にはメリットも豊富なので、広告としての注目度も高まってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *