配送車をラッピングするメリットは?

配送車両をラッピングするメリットは、その車両が通る道沿いのドライバーや歩行者へのアピールになるだけではなく、取引先へのアピールになる点です。

配送車両は決まった路線を定期的に運行する場合も、スポット的に配送を行う場合が考えられます。どちらもその車両が走行する道路沿いの歩行者やドライバーの目に付きやすいというメリットが考えられます。それ以上に大きな宣伝効果が期待出来るのが、配送車両が配送を行う取引先へのアピールです。

トラックなどの配送車両の場合、ラッピング出来る車体の面積はかなりの大きさになります。遠くからでも一目で分かるような、目立つラッピング広告の場合、駐車場に止まっているだけでも宣伝効果は十分です。取り引き先へのアピールだけでなく、そこに出入りしている他の企業へのアピールにもなります。これまで取り引きがなかった企業の営業担当の目に付き、新しく取り引きが始まるという可能性も十分あり得ます。

配送車両に自社製品を載せて走っていることが、そのまま自社製品への自信の現われでもあるからです。特に定期的に配送を行っている場合、決まった時間に決まった広告が目に付くという宣伝効果はかなり大きなものになります。立て看板では期待できない宣伝効果が期待できる、優秀な宣伝媒体だと言えるでしょう。ラッピングにかかる費用も割安になって来ているため、これまで以上に採用する企業が増えて来たのも納得できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *