配送車をラッピングして綺麗にしましょう

毎日のようにルートを回っている配送車は、どんなに綺麗にお手入れしていても見た目の劣化は避けられません。

常に稼働させていなければいけないのが配送車ですので、法定点検など必要な足回りのメンテナンスが主になって、外見の対応は後回しになっているという企業さまも多いのではないでしょうか。そうはいっても、取引先の目に留まる配送車がみすぼらしいと、決してよい印象とはいえません。

出来れば常に鮮やかな塗装をして綺麗な状態でおいておきたいとは思っていても、塗装の作業中に車が使えないのはかなり痛いですよね。そこで利用して頂きたいのがラッピングです。ラッピングは塗装とは違って、印刷しておいた特殊なフィルムを車体に貼り付けるだけの簡単工法ですから、作業時間も最小で済み業務に支障が出ることはありません。フィルムは脱着が容易な構造になっていますから、ラッピングをしても何度も張り替えが可能です。

これならラッピングが傷んでしまっても、また張り替えるだけで基の新車のような状態に戻せるので、大変お手軽です。しかもフィルムは塗装を守る働きも期待出来ますから、車体をより長持ちさせることも可能です。長期間にわたって運行させる事が想定される配送車にはうってつけの工法がラッピングといえます。なにより薄汚れて塗装が剥げた車で納入するのよりも、真新しい配送車でやって来るのでは、取引先の印象が全く違います。まるで新車のように見えるので、会社自体が元気がよく見えてポイントが高くなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *