配送車をラッピングで飾ると認知度が高まる

工場で生産が行われた完成品は、配送車を使って販売店や問屋などに輸送されますが、輸送に使う車両にラッピングでデザインを施すことは、会社のアピールに良い影響を与えてくれます。

配送車に会社名やロゴマークなどのペイントだけでも、走行している時や停車中での知名度向上に繋げることはできますが、配色を考えたり写真を使ったりしたデザインは見た目にもきれいです。こうしたデザインは単に会社名が記載してある配送車よりも人目につきやすい、注目を集めやすいものと言えます。塗料を使って写真のようなデザインを作ることは決して難しいものではありませんが、時間が多く掛かりますしコストも高くつくなど経費で賄えないケースも少なくありません。

施行に時間を要してしまうと日常業務にも悪影響を与えてしまう、特にローテーションで営業している場合は車両が足りなくなる恐れもあります。その点、配送車のラッピング施工に掛かる時間は短い、午前中に預けると当日中に返却されることもあるため、ローテーションへの影響が少なくなります。また、ラッピングはフィルムへの印刷により材料を生産するため写真を取り入れたデザインも簡単に作ることができますし、印刷ですからおなじデザインの素材を台数分用意することで、所有しているすべての配送車を飾ることも可能です。一見地味な車両もカラフルなデザインや訴求力を与える広告を飾れば人目につきやすくなる、企業アピールや商品の宣伝などに役立てることができる車にできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *