水漏れ修理業者に相談しよう

蛇口から漏れているときの修理と依頼

蛇口から水漏れが起きている場合には、一般的には専門の業者に依頼を行い修理してもらうものです。

このときその代金を誰が支払うのかですが、物件が自分で所有しているものであれば自らが支払います。賃貸物件で借りている側の場合は原則として大家側が負担をします。自分で所有する物件の場合は、自らが業者に依頼をして対処してもらうわけです。よくあるのはパッキン部分などが損傷あるいは経年劣化し、そこから蛇口なども水漏れしてしまうときです。

この場合、問題のある箇所全てに修理を行います。賃貸物件では、大家が負担をして対応を行うのが鉄則です。ただし、借りている側に過失があるときには費用負担を求められることがあります。たとえば昔から気が付いていたのに、放置しすぎて色々な箇所に問題が起きてしまったような、賃借人に問題があったとき等です。著しい過失があったときには、費用の負担を求められる場合があり得ます。

なお、壁の中の配水管などにも問題があって、蛇口だけではなく他の箇所からも著しい水漏れが起きていることがあったりします。このときには壁をはがして対応をしなければならないことがあり、修理にも時間や費用が発生するとして転居を求められることや、使用をいったん止められることがあります。早めに確認して早期に対処することで、大きなトラブルに発展する前に対応を終わらせれば、浸水などの被害も少なくて済み大がかりな話にはならずに済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *