水漏れ修理業者に相談しよう

浴槽つまりは掃除で解決

バスタブの水を取り替えようとして栓を抜いても水が流れない、浴槽つまりは起こりやすいものです。

原因の多くは、入浴時に体から出る皮脂や垢が交じり合った汚れや、石鹸やシャンプーやトリートメントなどのヘアケア剤のカス、抜け落ちた髪の毛などによるものが多く、ぬめり気のある汚れに変化して排水口や配管自体にこびりつく事が多いのです。浴槽つまりを解消するには、配管や配管口、バスタブなどを傷つけない適切な方法で清掃する事が肝心です。

忙しくて清掃する時間が無い場合や、汚れの程度がひどく自分の手に負えなそうに感じる場合には、専門の業者を依頼される事も手段の一つですが、多くの場合、意外と簡単に行えるものです。先ずは、使用される排水管に適したパイプクリーナとスポンジ、配管の汚れを取りやすい柔軟性のあるワイヤー、手の保護の為にゴム手袋などを用意します。

バスタブから流れず残っている水をバケツなどで汲み取り、排水口にあるフィルターを取り外し、フィルター自体の汚れを取り除きます。次に、配管にこびりついた汚れをパイプクリーナーとワイヤーを使ってこすって落とします。水を流して問題なく流れるようであれば、フィルターなどを元に戻して終了します。それでもまだ浴槽つまりが解消されなければ、他のパイプクリーナーなどを試してみたいと考えがちですが、複数のパイプクリーナーを混ぜて使用するのは大変危険な為、専門の業者を依頼されるのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *