水漏れ修理業者に相談しよう

浴槽つまりを直す方法と使用する道具

浴室は家族全員が共同使用する設備なので、必然的に不具合も発生しやすくなります。

排水口の栓を開放すると一気に水が排水されますが、流れが悪くなったり排水が逆流していたといったトラブルを体験されたことはありませんか。これらの症状は浴槽つまりの予兆であり、早急に対処をするのが賢明です。浴槽つまりの場合は、ある道具を用いることで簡単に解決すrことができるので慌てずにゆっくりと対応しましょう。浴槽つまりを直すにはまず、「ワイヤーブラシ」という道具を購入する必要があります。

これはホームセンターやネットショップ等で1個1500円程度で手に入れることができます。1m~4mの長さの製品が販売されていますが、一般家庭では2mのワイヤーブラシが使いやすいです。浴槽つまりが起こる原因は、排水溝内に髪の毛などの異物が堆積しているからです。これらの異物を除去するのに、ワイヤーブラシの先端に備わっている極細のブラシが役立つという訳です。

修理をする時はブラシを浴槽の排水口からゆっくりと挿入して、前後左右に動かしながら奥へと進めていきます。排水溝内を確認しながら進めることができないので、少しずつ手探りでおこなうのがコツになり小刻みに動かしながら進めていきましょう。ワイヤー全体を挿入し終えたら、ゆっくりとブラシを取り出していきます。この動作を2回おこなって、最後に勢いよく水を流して完了です。浴槽つまりを起こしていなくても、定期的に排水溝の掃除をすれば浴槽のつまりを未然に防ぐこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *