水漏れ修理業者に相談しよう

キッチンで排水口つまりを見つけたら

キッチンで排水口つまりを見つけたら、できるだけ速やかに対処しなければなりません。

そのまま放置しておくと日々の暮らしが不便に感じるだけでなく、最悪のケースを招くことさえあるからです。特にアパートやマンションといった集合住宅では、階下にまで水漏れして、住民から損害賠償を請求されることも考えられます。そこまでなくても、キッチン周りの正常な水道設備や建材にまでダメージを与え、結果的に大がかりな工事が必要になることもあり得ます。このような事態にならないためにも、キッチンで少しでも排水口部分の異変に気づいたら、とにかく素早く対応することが求められます。

キッチンの排水口つまりには、主に2つのパターンがあります。まずは徐々に詰まっていくパータン。これは調理の過程で生じる食用油や食材カスなどが、排水マスや排水パイプの内側に蓄積していくことで起こります。この場合には、定期的にパイプクリーナーの使用やお湯を流し込むなどして、詰まりの予防や解消につなげることが可能です。なお熱湯ではなく、60度くらいのお湯を使ってください。熱湯だと排水マスやパイプを痛めることがあるからです。

次のパターンは突発的に詰まりが発生するもの。これは洗剤のキャップやスプーンといった、固形物が排水パイプに詰まることが、原因の多くで見られます。このパターンでは、無理やり押し流そうとするのは禁物。排水管の奥で詰まれば、大規模な除去工事が必要になることもあります。まず冷静になって、排水パイプを分解してみましょう。固形物を取り出せることがあります。ここまで紹介した方法でも排水口つまりが解消しなければ、地域で実績の高いプロの修理会社へ依頼してください。信頼できる会社であれば、スムーズかつスピーディーに問題を解決してもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *