水漏れ修理業者に相談しよう

排水口つまりが生じた時の対処方法

水回り設備機器では、水漏れやつまりのトラブルが、時として発生する事があります。

そんなトラブルの中でも比較的よく発生するものに、キッチンの流し台の排水口つまりがあります。このトラブルは、何か異物を流してしまった事で生じる事があり、この場合には異物を自分で除去できなければ、専門業者に除去・修理してもらわなければ解消する事はありません。自分で何とかしようと太い針金様のもので突っつくと、異物を逆に奥に押し込んで一層除去しにくくなるので、絶対に避けるべきです。

また異物を流してもいないのに、キッチンでは自然につまりを起こす事もあります。この排水口つまりの原因は、食用油とゴミ除けを通過した細かいゴミが、こびりつく事で起こるものです。こうしたつまりは一般的に起こる事が多いため、専用のクリーナーが市販されています。このクリーナーは、油と細かいゴミがこびりついた原因物の油分を分解させる事でつまりを解消させるものです。

具体的なクリーナーの使用方法としては、シンクの水を汲みだすか流し切り、排水口にクリーナーを流し込みます。1~2時間待って油分を溶融させ、その後に雑巾等で排水口に栓をしてシンクに水を溜め、雑巾の栓を抜いて一気に水を流す事で流し去ります。この方法で、排水口つまりが解消する事が多いものですが、頑固にこびりつき、この方法でも解消できない時は、やはり専門業者に修理依頼します。分からぬままに、分解して修理しようとすると、2次被害を発生させる危険が高いので、これは止めた方が無難と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *