根本的な野良猫撃退は捕獲して保健所に引き渡すこと

家の庭で糞をしたり、ゴミを漁るなどの野良猫被害に悩んでいたとしても、基本的に保健所や区役所・市役所は住民のために何もしてくれません。

周りに迷惑をかける野良猫がいたら、保健所に通報すれば何とかしてくれると思い込んでいる人もいますが、保健所には野良猫駆除をする法的根拠がないため、自分たちで何とか野良猫撃退しなくてはならないのが実情です。
野良犬の場合は、もし野良犬が人間を噛んでしまったときに狂犬病になってしまう可能性があるため、狂犬病予防法という法律で捕獲が義務付けられています。

しかし、野良猫については法規制が行われていないため、保健所にアクションを期待することはできません。



そのため、家の近くの野良猫被害で悩んでいる場合は、自分で野良猫を捕まえて保健所に連れて行く必要があります。
しかし、一般人が警戒心が強くすばしっこい猫を捕まえるのは容易ではありません。
上手く捕まえたとしても、保健所に連れて行くも一苦労です。


したがって、野良猫撃退を請け負う専門企業に依頼するのが、残された唯一の現実的な対策と言えます。



野良猫撃退のためには、猫が家の敷地内に侵入してこないように猫よけのためのフェンスを張ったり、猫が嫌がる臭いを発する忌避剤を撒いたりする方法があります。

しかし、根本的な解決を目指すには野良猫を保健所に保護してもらうのが有効です。



保健所は自ら猫を捕獲することはありませんが、持ち込まれた野良猫の引き取りは行っています。預かった猫のために里親を探してくれるので、もし里親が見つかった場合は野良猫にとっても幸せなことです。